+ 吉井よし子です!! みなさん、ごいっしょにほんわかしませんか? これまでの活動
FC2ブログ

吉井よし子です!! みなさん、ごいっしょにほんわかしませんか?

日本共産党・吉井よし子の「ほんわか日記」。みなさんの心をあたたかくしたいです!

2泊4日のボランティア

**大船渡市に行ってきました…
DSCF3490_convert_20120601211052.jpg
日本共産党北河内南地区委員会主催のゴールデンウィークを利用してのボランティア活動に参加しました。平日なかなかボランティアに行けない若者やサラリーマンを中心に、仮設住宅の皆さんを「大阪名物お好み焼き」で元気づけようという計画に賛同しての参加です。
男性10名・女性6名の参加、行先は、岩手県大船渡市です。
5月2日21時半、寝屋川市を出発しました。ところが、GWに加え悪天候で到着したのは20時間後。しかし、気仙地区委員会の方があたたかく出迎えてくださり、現地の状況を聞きながらの夕食となりました。夕食後、その日のうちにキャベツ60個を刻み、翌日に備えます。
さて、翌日も悪天候。しかし、中学校の軒先を借りてお好み焼き400食を懸命に作りだすと、仮設住宅の皆さんが次々と顔を見せてくださいました。雨のため青空市はできませんでしたが、支援物資をお渡しした後、聞き取り調査に出かけました。
最終日は、地区委員会・田中さんの案内で被災地の現状を視察、その後、三陸海岸沿いの3県で被災確認や、お店でお買い物支援をしながら帰途につきました。寝屋川市到着は5月6日朝8時でした。

今回強く思ったことは、最低の物資が足りていても心のケアはまだまだということ。
聞き取りの結果、隣の隣の物音まで聞こえるペラペラのプレハブ住まいなのに気分が沈んで一歩も外に出られないから交流がない、気晴らしに出かけたくても帰宅する家が仮設か、と思うとため息が出る、政府の方針が全く分からなくて決定のころには私の命はないかも・・、福島の方はもっとつらいと思って我慢している、雇用もないのに消費税は苦しい、など、国民の声に背を向け続ける国への怒り、あきらめが感じられる意見が聞けました。
唯一、ホームステイ先の奥さんが議会傍聴など活動されておられることが力強い話題でした。

増税、原発再稼働などに突進し、国民目線に立てない野田政権にはノーを突きつけたいと強く思いました。


スポンサーサイト

このページのトップへ

メーデー参加!!

メーデー参加!!労働者の権利を守れ!
DSCF3199_convert_20120601203319.jpg

5月1日、五月晴れの下、第50回交野・枚方・寝屋川地区
メーデーが寝屋川市初本町公園で開かれました。


JALの解雇反対闘争や、TPP不参加の訴え、
集会宣言では、民主党野田内閣の消費税増税社会保障改悪反対と
原発再稼働反対、労働者の権利を守り、
最低賃金時給1000円の実現を訴えました。
集会後、寝屋川市駅前までデモ行進をしました。


3月末まで非正規社員だった吉井よし子にとって
労働者の権利を守れ!!のメーデーは、大切な日です。


このページのトップへ

ねやがわ「原発ゼロの会」準備会パレード

★ねやがわ「原発ゼロの会」準備会主催
「4.29 大飯原発再稼働を許さない寝屋川市民集会」
パレード参加

DSCF3123_convert_20120601200704.jpg

おおい町議会では、原発再稼働認可を議決しようと緊迫した状況です。
おおい町の闘いを激励し、市民的な取組みを広げようと開催されました。
寝屋川市内の公園にある平和の塔前に220人が参加、
寝屋川市駅までデモをしました。
先週、小浜で一緒に活動した猿橋たくみおおい町議会議員が駆けつけてくださり
その場で「再稼働阻止カンパ」が集まり猿橋さんに託されました。


金儲けより人の命!!






このページのトップへ

4.28沖縄・安保シンポジウム参加

4.28沖縄・安保シンポジウム参加
DSC_0388.jpg

関電包囲集会の後、平和委員会主催シンポジウムに走って滑り込みセーフ。

「日米安保破棄」(吉井よし子の活動の原点)に向けて
日本共産党中央より小泉 親司さんが講演に来られました。


岩国・横須賀在住の方の現場のお話に安保条約に対する怒りが・・・

早く自立しようよ、日本!!!


このページのトップへ

大飯原発再稼働反対関電包囲

★大飯原発再稼働反対関電包囲集会参加!!
IMG_1624.jpg
<清水ただしさん、太田とおる寝屋川市会議員らと>
4月28日、大飯原発再稼働に抗議して
中之島公会堂女神像前から関西電力本社前までのデモに参加しました。
各団体と連帯し、それぞれ集会での訴えは
「金儲けより人の命」であふれていました。


**吉井よし子の感想
ベビーカーで赤ちゃんと参加するママに
子どもを守りたい、との願いが伝わってきました

このページのトップへ