+ 吉井よし子です!! みなさん、ごいっしょにほんわかしませんか? 大阪12区
FC2ブログ

吉井よし子です!! みなさん、ごいっしょにほんわかしませんか?

日本共産党・吉井よし子の「ほんわか日記」。みなさんの心をあたたかくしたいです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

日本は若者を大切にしない国

若者、働き盛り、お年寄り、どの年齢層にもつらい思いをさせる安倍政権。
今日は、若者応援の横断幕を作ってみました



んで、さっそく寝屋川市駅前にて宣伝です。
これから大学進学を考えている高校生、現役大学生、若いサラリーマン風の方、足をとめてくださいます。
「孫の奨学金がたいへんで…」と悩む年配の方もいらっしゃいました。

スポンサーサイト

このページのトップへ

四條畷市学校統廃合

学校が統廃合される!?

現在、四條畷市では学校統廃合問題が持ち上がっています。
小学校を7→5、中学校を4→3校という案が出ているようです。
素案は、南小学校・東小学校・南中学校をなくし、畷小学校を南中学校へ移転させるというもの。
岸田・かんばら日本共産党四條畷市会議員団から
①保護者、教師、地域の方、そして何よりも子どもさんの意見を尊重するように
②安易に学校をなくさず、少人数学級の実現で豊かな教育を
と、要求しました。

★詳しくは、議会報告No.54をご覧ください。

このページのトップへ

今朝の朝宣は四条畷駅

今朝の朝宣は、四条畷駅でした。もちろん、かんばら泰晴四條畷市会議員も一緒です。
通勤する皆さんには、「人間らしい働きかたのルールを!」通学の皆さんには、「高すぎる学費是正を!」ご一緒に共同をひろげましょう!と訴えました。
四條畷市会議員団は、国政をよくするためにも全力を尽くします。

このページのトップへ

中学校給食考えよう!

寝屋川市の中学校給食を考え直そう

 1月26日(土)、豊かで安全な学校給食をめざす大阪連絡会主催の「大阪の中学校給食を考える」シンポジウムに、枚方市会議員・広瀬ひとみさんが参加、ブログにアップされていますので、要旨を以下に掲載いたします。

 デリバリー給食が始まった寝屋川市の報告について、「唖然とした」とのこと。

①異物混入や容器の異臭、おかずのつめ忘れなどトラブルが多く発生している。
②食べてる途中かと思うほどカスカスの量。
③ごはんは温かい状態でフタをするため蒸れてベタベタ。
④容器の異臭
⑤アレルギーで卵除去のお弁当にも卵が入っていたり、「ミンチカツが生だった」という生徒の声。
      ・・・などの報告が紹介されています。

 デリバリー弁当はやはり問題が多いし、給食ではないと実感した、と感想を述べておられます。
広瀬ひとみ議員のブログには、写真も掲載されていますのでぜひご覧ください
  

枚方市会議員・広瀬ひとみさんのブログはこちら

<大阪12区の状況は?>

①寝屋川市・・2011.12月議会で、中谷議員(日本共産党)が一般質問に立ちました。
「約4ヶ月近くにわたって6回の検討委員会が開催され、最終報告書が教育長に提出されました。すべての委員会を傍聴しました。最終報告書に、①児童・生徒の心身の健全な発達、②食育の推進、を謳っている学校給食法にもとづく議論はありませんでした。市民の思いよりも先にデリバリーという答えありきでは、との印象です。」と、まず前置きののち、市側に見解を求めました。
しかし、寝屋川市議会では、デリバリー採用となりました。


②大東市・・新日本婦人の会さんが先頭に立ち子供たちの立場から給食を実施してほしい、と運動が続けられました。昨年3月議会に「自校方式実現請願署名」が提出され、4月新市長になり、自校方式が採用されるかと思いきや、12月議会で「大東方式(デリバリー)」採用の方向となりました。新日本婦人の会さんが中心となり、引き続き、「要望書」提出などの運動をされます。
(日本共産党大東市会議員団は「自校方式」を要望しました)


③四條畷市・・センター方式です。ある保護者さんのご意見を紹介します。
「親としてはあるのはやっぱりありがたいです。子供たちはまずい、という子もまあまあ、っていう子もいます。」


★★寝屋川市では、日本共産党市会議員団が全力をあげましたが、結論ありき、市民の声を無視する形で市側が押し通した様子です。やはり、問題噴出です。市民の声無視はよくないのではないでしょうか

このページのトップへ

神原やすはるさんでGO!(四条畷市長選挙)

吉井よし子は、神原やすはるさんを応援します!

大阪12区内の四條畷市では田中夏木市長の辞職に伴い、今月20日投票(13日告示)で市長選挙が行われます。

本日、日本共産党も構成団体の「清潔で住みよい畷をつくる市民の会」(略称「市民の会」)の
神原(かんばら)やすはる(泰晴)さんが市長選挙への出馬を表明されましたのでご紹介します。


神原さん写真
【略歴】
1949年大阪市生まれ。早稲田大学商学部卒。大阪外国語大学(現大阪大学外国語学部)ロシア語学科卒。天神橋筋商店街で28年間、電器店を経営。現在、社会保険労務士・行政書士事務所開業、ファイナンシャル・プランナー、知的財産管理技能士、通関士など15の資格を保有。四條畷市北出町在住。



市長選挙にはすでに「大阪維新の会」と「四條畷維新の会」から出馬表明、2つの「維新」が市民不在の“本家争い”を演じています。

こうした中で神原やすはるさんは、「市民の絆」をはぐくみあたたかい四條畷をと「学校統廃合をやめ、少人数学級の実現」や「国保料の引き下げ、雇用の確保、子ども医療費助成の拡充」など、市民の暮らしを大切にした市政への変革をめざしています。


吉井よし子は、昨年末の総選挙で四條畷のみなさんにお世話になりました。
四條畷市民の皆さんには、ぜひとも、行政を市民の手に取り戻し、あたたかい市政を実感していただくことでご恩返しをしたいと願っています。
しっかり応援したいと思います

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。